ファイルバインダーの名入れ加工やクリアファイルなど、オリジナル製品の制作・カレンダー・ペーパーバッグの制作・箔押しのご依頼は経験、実績豊かなプリンテックスへ。

オリジナルファイルバインダー、クリアファイルのご依頼は 経験実績豊かな弊社にお任せ下さい。

【総合受付 9:00?20:00】TEL:03-5856-3615

メールでのお問い合わせ

PP製バインダーをオリジナルで作ります。

おはようございます。

 

弊社で一番人気のPP製ファイルバインダーについて紹介させていただきます。

最近は脱プラなんてことも聞きますが、ファイルの人気の理由は機能面と価格的な面を両立させたコストパフォーマンスの高さからだと思います。

ということで、まずはPPとはとい言うところから紹介させていただきます。

 

PP(ポリプロピレン)とは

ポリプロピレンはプラスチックの一種で、水や汚れに強く、軽さと耐久性を両立させた生地です。
PPエールサンプル

生地自体に色が付いているものが多いので、生地の色を生かしたデザインをすることをオススメします。

上の画像にあるのは、弊社で最も使われているPP生地です。色だけでもこれだけの種類があります。

20140611YT_1

この他にもしぼが付いているもの、梨地、ラインが入っているものなど様々生地の厚さも収納する書類の量にあわせご提案いたします。

 

 

PP製ファイルバインダーの特徴

・軽いので持ち運びに便利

・耐水性があり、汚れても拭けば取れるので使用環境を選ばない

・コストパフォーマンスに優れている

 

名入れをするとこんな感じになります。

箔押し

20140611YT_320140611YT_2

メタリック調の色合いが美しいですね。

 

シルク

20140611YT_720140611YT_4

コーポレートカラーなどの指定色も表現可能です。

 

カラー印刷

20140611YT_620140611YT_5

グラデーションの表現も可能で、デザインを重視する際はこちらの印刷方法が宜しいかと思います。

生地の色に影響を受けやすいので、生地の色は白かクリアなどにすることをオススメします。

 

PP製ファイルバインダーの欠点

紙にカラー印刷を施したファイルやビニール製のファイルと比べるとデザイン性に劣ることがある。

生地自体が軽いため、収納する書類が多すぎると(重過ぎると)、腰が曲がってしまい、自立しなくなってしまうことがある。(生地厚0.75㎜以下の場合)

ということが挙げられます。

 

まとめ

以上、PP製ファイルバインダーについて紹介させていただきました。

まとめとしてPP製ファイルバインダーは軽くて、耐久性に優れたプラスチック製のファイルバインダーで、耐水性があり、汚れにも強いので使用環境を選ばない。ただ、大量の書類を収納するのには向かない。(生地厚0.75㎜以下の場合)

 

 

塾や予備校の教材を綴じるのに使いたい! (夏期講習や冬季講習などの短期の講習では特に使われることが多いです)。

 

マニュアルを収納していつでも見られるように近くに置いておきたい。

 

カタログとして持ち歩きたい!

 

こんなときに特にオススメ致します。