ファイルバインダーの名入れ加工やクリアファイルなど、オリジナル製品の制作・カレンダー・ペーパーバッグの制作・箔押しのご依頼は経験、実績豊かなプリンテックスへ。

オリジナルファイルバインダー、クリアファイルのご依頼は 経験実績豊かな弊社にお任せ下さい。

【総合受付 9:00?20:00】TEL:03-5856-3615

メールでのお問い合わせ

不動産重要書類入れ・契約書類入れを選ぶポイント!②表紙の形を決める

おはようございます!!13日と聞くと金曜日と思ってしまう “工藤 一茂”です。

今日は月曜日です・・・

今週もはりきって行きます!!

 

年間を通じて多くのお問合せをいただく不動産重要書類入れ・契約書類入れを選ぶ【私なりのポイント】をご案内していきたいと思います。

 

【不動産重要書類入れ・契約書類入れを選ぶポイント!②表紙の形を決める】

 

今日は多くのご注文をいただくビニール製表紙のタイプでご紹介していきます。

 

表紙の形は大きく分けて2種類あります。

1.2つ折りタイプ

 

1234567

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3-92-2

2-3

2-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-1

2つ折りタイプは写真のように背幅を小さなものから大きなものまで対応が可能です。

(厳密には3つ折りも可能ですが・・・)

中袋を付けるタイプや金具を付けるタイプのどちらも万能です。

 

背幅が大きいタイプは金具を付けるタイプで作る・背幅が小さいタイプは中袋を付けるタイプが多いですね。

 

2. 3つ折りタイプ

3-13-23-33-43-53-63-83-73-10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ折りタイプはベロを折り返して書類を完全ガードします。

3つ折りタイプは背幅が小さいタイプが主流でしたが、写真のように背幅を大きくして金具を付けるタイプも可能です。

3-12

3-11

 

このように同じ不動産重要書類入れ・契約書類入れでも

 

表紙の形も色々(と言っても2種類ですが・・・)・背幅も色々。

 

今日は不動産重要書類入れ・契約書類入れの表紙の形について【私なりのポイント】としてご案内を致しました。

お問合せはこちらから

contact_banner_bg