ファイルバインダーの名入れ加工やクリアファイルなど、オリジナル製品の制作・カレンダー・ペーパーバッグの制作・箔押しのご依頼は経験、実績豊かなプリンテックスへ。

オリジナルファイルバインダー、クリアファイルのご依頼は 経験実績豊かな弊社にお任せ下さい。

【総合受付 9:00?20:00】TEL:03-5856-3615

メールでのお問い合わせ

一番使われているミニリング O型・D型の選び方

おはようございます。営業企画部 工藤です。

いつもの帰路にモツ焼き屋さんがあり、毎日毎日大繁盛しています。

まだ自分の気持ち的にはあと少し自粛したほうがいいのかなーと思いつつ、でも飲みたいなーという気持ちと葛藤している工藤です。

 

一番使われているミニリング O型・D型の選び方

これがO型リング

20140625YT_1

これがD型リング

20140625YT_2

 

見た目の通りリングの形がO型・D型になっています。

 

O型リング

なんてったってめくりやすい。

ただ、画像のように紙を挟むとまっすぐ揃わないので、ヨコから見た私のおなかのようになります。

20140625YT_3

私もおなかが気になりますが、どうしてもという方は、D型リングをご検討ください。

また、背の部分リベットが出るので、背中のデザインを気にされる方も注意が必要です。

20140625YT_4

めくって使用するなど閲覧頻度が高い書類を収納する場合O型リングをお勧めします。

D型リング

書類を綴じたときに端がそろうので見た目がキレイです。

また、裏表紙部分にリベットが出ますので背中にデザインをする場合の制限がありません。

20140625YT_5

ただ、書類をめくる際、角の部分に引っかかってしまいめくりづらいことがあります。

特に厚い紙を収納しているときには注意してください。

20140625YT_9

 

 

それ以外の違い

収納できる書類の厚みは同じでも、ファイルバインダーの仕上がり寸法が異なります。

というのもO型リングは背の部分に取り付けるのに対し、

20140625YT_8

D型リングは表3(開いた右側)に取り付けるのでその分バインダーの横幅の部分を長くする必要があります。

 

20140625YT_7

 

また、背幅はO型リングが金具の外径を基準に決めておりますが、

20140625YT_10

D型リングは金具の高さ(リングの外径+台座部分)で決めているため、台座の分 背幅が大きくなります。

20140625YT_6

D型リングが付いたバインダーは、O型リングの付いたファイルバインダーに比べ、若干仕上がり寸法が大きくなります。

 

以上、O型リングとD型リングについての紹介でした。